医療従事者のストレス要因とは

医師や看護師など医療従事者には様々な職種の人がいますが、それぞれに感じているストレスは異なります。過酷な労働環境な上に様々な症状の患者がいるため、医師も看護師も気を遣うような現場です。また患者との関係だけでなく、医師同士あるいは看護師同士の人間関係や職場環境もストレスの原因となっており、退職や転職を考える人も多くいるのです。この医療現場特有のストレスを改善するためには、医師や看護師が直面している医療現場の難しさを知る必要があります。

医療従事者のストレス要因とは

医者が直面する患者への対応の難しさ

医者が直面する患者への対応の難しさ

毎日症状の違う患者が訪れる医療現場において医師が感じているストレスはとても大きなものです。医師は患者に対してあらゆる選択やアドバイスを伝えなければならない立場であるため、常に患者と向き合う姿勢が求められます。ですが医師にとって決していい患者だけではありません。扱いづらい患者とも向き合わなければならないのです。医師のストレスを解消していくためには、患者との対人関係について考え直す必要があります。ここでは医師にとって扱いづらい患者を例に挙げて解説しています。つづきへ

看護師の苦労は働くスタイルの違い

看護師の苦労は働くスタイルの違い

看護師というくくりでもそれぞれにライフスタイルは異なります。特に女性は結婚や出産などライフスタイルの変化があるため価値観にも違いが表れます。この看護師同士の仕事に対する価値観の違いがストレスを生む原因となっています。人材不足が問題視される看護師がストレスと上手く付き合っていくためには、女性同士が抱える仕事への価値観を理解する必要があります。こちらのページで解説していますので参考にしてみてください。つづきへ

page-top