医者が直面する患者への対応の難しさ

医者が直面する患者への対応の難しさ医師として技術的な訓練を受けているのは当たり前ですが、医師にとって一番多い仕事は患者さんと向き合い話すことです。病気の症状を知るためのヒアリングや病名を伝える際など、信頼関係を築く意味でもあらゆる面で医師と患者の間でコミュニケーションが必要となります。

患者に共感するうちに疲弊していく

患者に共感するうちに疲弊していく特に患者にとってよくない知らせをする時や患者が苦しい状況に置かれているときなど医師はとても神経を使いますし、会話であっても精神的にハードな業務と言えるでしょう。また患者にとっては自分の状態を唯一理解・共感してもらえるような存在であるため、多くの期待を持って会話をしています。医師にはその気持ちが理解できる反面責任の重さからストレスを感じてしまう人が多いようです。常に人に寄り添う環境にいるからこそ感じるストレスは、企業で働く会社員が感じているようなストレスとは異なり複雑なものです。医師が感じているストレスは長年働いていれば解決できるものではありません。常に症状の違う患者さんと向き合い続けなければならないため、共感しているうちに医師自身が疲弊してしまうケースも少なくありません。
ただ、ストレスに対する考え方には多くの患者さんと向き合うことで気持ちの変化が見られるようにもなります。このようなジレンマを抱えながらでも、ストレスと上手に向き合うことができれば患者との関係もより良いものになるかもしれません。

患者への対応にストレスを感じることも

患者への対応にストレスを感じることも医師にとってストレスを感じてしまう患者を挙げると、大半の方に当てはまるのが扱いにくい患者です。扱いにくい患者とは病状ではなく医師に対して病気の理解を過剰に求めるような人です。診察に訪れて病状を知ることよりも自分の話を聞いてほしい人や、自分に関心を持ってほしいという患者に多いようです。診察に追われる医師の時間を奪ってしまうことになるため、医師にとってはストレスの原因となります。
あるいは医師の診断を信用せずに過剰な治療を要求をする患者や、クレームを言うような厄介な患者も中にはいます。そのような患者であっても医師は向き合わなければならず精神的に病んでしまうようです。クレームを言われることや様々な要求をされながらも適切な処置を行わなければならないうえに、労働環境も過酷で変化の激しい業界であるため相当なタフさが求められる仕事と言えるでしょう。その中で医師の仕事を続けていくためにはストレスを自覚しながら上手に付き合っていかなければなりません。

page-top