看護師の苦労は働くスタイルの違い

看護師の苦労は働くスタイルの違い医療従事者でストレスを抱えているのは医師だけではありません。医師を支える看護師もこの業界特有のストレスを抱えているのです。

看護師が抱えるストレス要因は多い

看護師が抱えるストレス要因は多い医療業界においては医師の存在が目立ちますが、実は患者をはじめ対人関係を持つ機会が多いのは看護師なのです。近年IT分野の発達によりカルテなどの資料はインターネットに頼る機会が増えましたが、基本的には医師や患者とのやりとりがメインとなります。看護師と対人関係にあるのは医師と患者だけでなく、患者の親族や他の医療機関関係者、介護関係者などと様々です。そのため看護師は患者との対話がメインとなる医師とは違い、あらゆる人と対話するためストレスを感じる機会が多いのです。そのため看護師にとっては医師との関係だけでなく周りの医療従事者との関係や看護師同士の人間関係がストレスに大きく関係してくるのです。
また看護師の仕事でメインとなるのは患者のケアですが、患者の症状も様々なため、1人ずつ向き合わなければなりません。そのため患者の気持ちを理解することやその他の業務に追われることでストレスを溜め込んでしまう看護師が多いようです。最近では患者が看護師に対して求めるサービスレベルが高くなっており、ストレスは増大する一方です。また、患者だけでなく医師の性格も様々です。中には気難しい医師もいるためコミュニケーションが上手くいかずに転職を考える看護師も少なくありません。看護師にとって対人関係とストレスは切っても切れないものとなっています。

価値観の違いもストレスの原因に

価値観の違いもストレスの原因に看護師に限った話ではなく、女性の多い職場ではそれぞれ仕事に対する価値観が異なります。独身で仕事を中心としたライフスタイルの人がいれば、結婚して育児と両立しながら仕事を続けている人など様々です。そのため同じ時間勤務していても仕事に対するモチベーションが違うため業務内容やスキルにも差がでてしまいます。
このような状態でストレスを抱えやすい状態にあるのは、仕事を積極的に取り組む人です。残業や仕事量などを気にせず業務に取り組む姿勢を持っているため、ライフスタイルを中心として仕事をしている人と価値観の違いがでてしまうのです。その価値観のズレからストレスを感じてしまう傾向にあるようです。女性だからこその悩みではありますが、女性も積極的にキャリアを考えるような時代になってきているため、今後さらに問題が深刻化してしまうことも考えられます。早急に改善が必要な問題とも言えるでしょう。

page-top