依存心の強い人は注意しよう

依存心の強い人は注意しようストレスに対して強い・弱いの基準はなんなのでしょうか。実はストレスに強い人と弱い人の分かれ方は、成長過程でつくられた性格が大きく関係しているようです。一般的に弱い人には次のような傾向があるようです。

完璧主義で責任感の強い人

完璧主義で責任感の強い人細かいところまで気になってしまう、順序よくやらなきゃ気がすまない、あるいは人から頼まれたことには責任を感じて何でもやってしまう人が当てはまります。このような人は完璧主義でもあるので何事もすべて完璧にこなしたい気持ちから上手く進まないとイライラする、そして自分に対して責任を感じてしまうという傾向にあります。これらに当てはまる人はストレスを溜め込みやすく気が弱い人にある典型的なタイプです。

感受性が高く繊細な人

感受性が高く繊細な人普通の人であれば気にしないようなことでも、繊細な人はちょっとしたことや悲しい出来事に敏感に反応したり深く考えてしまうような傾向にあります。このような人は感受性が豊かなためあらゆる視点から物事を捉えられる反面、繊細で神経を使っているため、少しのことでも周りが気になってしまい萎縮してしまう傾向にあるようです。

周りに気を遣い無理をしてしまう人

周りに気を遣い無理をしてしまう人いわゆる周りに同調するあまりストレスを感じやすい状況にある人です。例えば周りの誘いに無理矢理のってしまう、あるいは誘いを断れない、その他にも自分の意見を周りに伝えず周りの意見に同調してしまうという人が当てはまります。自分の考えをハッキリ持っているのに発信せずに内側に秘めているとストレスも溜まる一方です。

ちょっとしたことが気になる神経質な人

ちょっとしたことが気になる神経質な人相手の言動や態度がいちいち気になってしまい深く考え込んでしまう人が当てはまります。気持ちの切り替えができずに嫌なことや仕事での失敗を長く引っ張ってしまうなど、ストレス自体は小さいかもしれませんが解消できず複合的な要素を溜め込みやすい人と言えるでしょう。

両親や友達に何でも頼ってしまう人

両親や友達に何でも頼ってしまう人これは強い依存心を持っている人に当てはまる傾向です。相手から求められたい、必要とされたいと強く感じたり、周りから愛されたいという気持ちの強い人と言えます。これは本人が自覚していない場合も多いのですが、相手からの反応が薄かったり愛情が感じられない場合、ストレスになってしまうようです。依存心の強い人が対象としている相手は、両親や妻もしくは夫、会社の同僚や上司など個人差はありますが身近な人に依存してしまうようです。あるいは人ではなく仕事や趣味などに依存してしまうこともあるそうです。このような人は個人で行動する力が弱いため、人間関係でストレスを感じやすい人と言えます。

page-top