重なり合う職場での原因とは

重なり合う職場での原因とは沢山の人が職場でストレスを抱えていますが、どのような原因があるのでしょうか。またストレス要因の多い環境と上手く付き合っていくためにはどうすればよいのでしょうか?

仕事でキャパオーバーしてしまう

仕事でキャパオーバーしてしまう取り組む仕事の量を自身だけで判断するのは決して良いことではありませんが、できる範囲にも限界があります。「キャパオーバー」という言葉があるように、1日で仕事を抱えられる量には誰にでも必ず限度があるものです。それらを超えてしまうような仕事量をふられることや、自分自身が持っているスキルより更に高いレベルを求められると大きなストレスがかかってしまいます。また他の人と比較して仕事量を考えてしまうと、「自分だけがどうして」という精神的なストレスも抱えてしまうようになります。

過酷な量の残業

過酷な量の残業仕事のストレスでも特に問題視されているのが日々の残業の量です。近年企業の残業制度に対する意識にも変化が見られ、「ノー残業デー」制度が設けられるなど残業を減らすような取り組みが行われていますが、まだまだ日本は残業の量が仕事の評価に影響すると考えられる傾向が強くあります。実際に夜になってもオフィスの明かりがついている様子が今でもよく見られます。中には毎日終電で帰宅しているなんてケースもあるようです。このように残業によるストレスが溜まっていく人も、まだまだ多くいるのが現状です。

仕事量と給与の不一致

仕事量と給与の不一致会社から支給される毎月の給与は頑張った成果を評価するものです。ですが実際は仕事量に見合った給与を貰えずストレスや不満を感じている人も沢山います。毎月の給与をモチベーションに仕事を頑張っている人も少なく無いため、見合った給与の評価がされないことは仕事に対する意識の低下にも繋がることでしょう。給与が仕事の内容や評価に見合ってないとなると、仕事に対するモチベーションが下がり働くことに対して意味を見いだせなくなるのも無理はありません。また仕事量と給与の不一致は転職を考える人の理由としても挙げられることが多く、それだけ働く人がストレスを感じていることが分かります。

職場のストレスを把握しておく

職場のストレスを把握しておくここまで述べた通り、職場には様々なストレスが存在します。ですが1つのストレスが増大しているケースよりも、あらゆるストレスが掛け合わされた複合的なケースが多いようです。これらのストレスを解消するためには、1つずつストレス要因を取り払っていく必要があります。1つずつ解決していくことで、気持ちが楽になりますしそれぞれ何がストレスの原因となっているのかを確認することができるようになります。ストレス要因の多い職場環境でやっていくためには、何がストレスの原因となっているのかを理解しながら上手な付き合い方を見つけることが大切です。

page-top