不動産業界に特有の辛さとは

お客様も働き手も常に入れ替わりの激しい業界が不動産業界です。その厳しい環境の背景には不動産業界に特有の辛さが存在します。賃貸管理と不動産売買など、販売方法によって営業方法もお客様も違いますが、それぞれにストレスの原因となる点が多く見受けられます。また、高額商品を扱う売買ならではの重圧や、賃貸管理におけるクレーマーの存在も営業マンにとっては悩みの原因として挙がるようです。今回はそんな不動産業界が抱えている悩みについてご紹介していきます。

不動産業界に特有の辛さとは

営業が抱える悩みは単価の高さから

営業が抱える悩みは単価の高さから

厳しい目標設定のある不動産業界の営業マンは沢山の悩みを抱えています。中でも売買を担当している営業マンは、物件契約のプレッシャーや高単価の重圧とも向き合わなければなりません。自身の売上目標はもちろんのこと、お客様自身も高額物件を購入するかを決めるため、とても神経質な空気感でやり取りをしなければならずそのストレスは計り知れないでしょう。このページでは営業マンが抱えるストレスの原因として不動産業界ならではの高単価な契約業務やお客様対応でのプレッシャーなどの視点からまとめています。つづきへ

賃貸管理に襲い掛かるクレーマーとは

賃貸管理に襲い掛かるクレーマーとは

不動産業界の仕事でとても厄介なのがクレーマーの存在です。賃貸管理の営業マンはこのクレーマーに悩みストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。契約を取るほど対応しなければならないお客様は増え、その分クレーム処理にあてる時間も増えてしまいます。また時には理不尽な内容も受け止めなければならず、クレーム対応に頭を抱えている営業マンも少なくありません。こちらのページでは賃貸管理におけるクレーマーの存在とその対処方についてご紹介しています。つづきへ

page-top