賃貸管理に襲い掛かるクレーマーとは

賃貸管理に襲い掛かるクレーマーとはどの業界においても会社内では役割ごとに部署が細分化されています。ですが、小規模の企業であれば部署を分けず複数の業務を担うことも少なくありません。不動産業界は小規模企業の分かりやすい例でしょう。

クレーマーの存在

クレーマーの存在賃貸の営業及び契約業務をしながら場合によっては売買契約も担当するなどジャンルを問わず仕事を担うことが多いようです。このように1人で複数の業務をこなすことが当たり前とも言える不動産業界ですが、特に手のかかる仕事がクレーマーの対応です。不動産は契約時ではなく実際に入居してから気になる点がクレームとして上がることが多いため、クレームの処理にも時間がかかりますし、お客様それぞれ執着する問題点や捉え方が異なるため、個々に対して適切な対応をしなければなりません。このクレーム処理は不動産業界でもストレスを抱える原因となる業務でしょう。

賃貸管理は特に大変

賃貸管理は特に大変賃貸管理は売買契約とは違って日々沢山のお客様が物件を求めて問い合わせをしてきます。そのため賃貸契約を取れば取るほど抱える仕事量は増える一方なのです。また物件に関してのクレームや問い合わせなどもよくあるため、一日中クレーム処理なんてことも珍しくありません。お客様対応ができずクレームばかり処理していることも多いので、タフな人でなければこの業界で仕事を続けるのは難しいでしょう。
賃貸管理はとてもストレスの溜まる仕事です。溜め込んでばかりいても現状は改善されないので、この仕事を長く続けていくのであれば、仕事とプライベートで一線をひいて考えることが大切でしょう。賃貸管理の仕事は全体の8割がクレームと言っても過言ではないため、割り切った気持ちが必要です。

クレーマーの傾向と対処方法とは?

クレーマーの傾向と対処方法とは?不動産業界で仕事をしていると、時にはとても理不尽なことでクレームを言われたり頭を下げなければならない場面があります。実際にクレームを言ってくる人の話を聞いても「完全に賃貸管理側の責任だ」などとおかしな動機が多いのです。このようにクレーマーとなる人に共通しているのは、自分の話を正当化したいと考えている点です。自分の言い分を認めて欲しいという気持ちが先行していますので、このようなクレーマーの場合まずは話を聞いてみましょう。言いたいことをある程度言わせると相手は満足しますので余計なトラブルを防ぐことができます。
ですが丁寧に対応しても満足がいかずクレームを言い続けるお客様も中にはいます。もしもこのような状態が他のお客様を巻き込むような状態であったり、一方的なものである場合は法的措置をとらざるを得なくなります。クレーマーの言い分は様々なので全てを真に受けるのではなく、適切な対応を心がけましょう。賃貸管理の仕事はこのようなタフな業務が多いことから入れ替わりの激しい仕事です。この中で生き残っていくにはストレスを溜め込み過ぎないような考え方を持っておくことが大切です。

page-top