営業が抱える悩みは単価の高さから

営業が抱える悩みは単価の高さから営業の仕事をしている人が抱えているストレスの多くはおそらく接客でしょう。不特定多数のお客様に対してそれぞれのニーズに合った商品を考えなければならず、頭も使いますし様々な視点から物件提案ができなければならないためとてもストレスの溜まる仕事です。特に不動産売買の仕事では高額な物件を取り扱うため、営業マンだけでなく購入者にとっても大きな決断となり、大きな責任を感じることでしょう。

高額商品を扱うからこそ抱えるストレス

高額商品を扱うからこそ抱えるストレス不動産の場合、1件決まるだけで大きな金額が動くためお客様に対してのサービスにも特に気を遣います。不動産業界の営業マンはこのような責任や重圧からのしかかるストレスと上手く付き合っていかなければなりません。また1件契約を結ぶだけでも大変ですが、お客様は決していい人ばかりではありません。購入金額が高額なだけにお客様も神経質になりがちです。また少しでも契約の際自分に有利な内容になるように故意にプレッシャーをかけてくるようなお客様もいます。このように色々なお客様に対して臨機応変な対応を求められるため、多くのストレスを抱えてしまう営業マンが多いのです。
反対にこのように様々なお客様を接客することに楽しさを感じている人もいます。そのようなは人は元から営業の仕事に向いているか、お客様の対応で抱えるストレスを上手く解消しているのでしょう。また沢山のお客様を相手にしないような仕事もありますので、悩みが解決できない場合は他の仕事へ転職を考えるという方法もあります。悩んでいる方は今の現状を一度整理し、将来を考えた上で自分に合った仕事を選ぶことをおすすめします。

厳しい目標設定もストレスの原因に

厳しい目標設定もストレスの原因に不動産業界の仕事には月間の売上目標を定めている会社がほとんどです。朝礼などで上司が日々の売上目標に対する進捗を聞いてくるという人も多いでしょう。この売上目標に関した問題で多いのが、売上目標を達成できないことに対する上司からのプレッシャーやストレス、ひどいもので言えばパワハラです。ノルマの厳しい不動産業界では珍しい話ではありません。この業界が入れ替わりの激しい理由には職場環境も大きく影響しています。
営業の仕事で考えてみると近年営業のあり方に変化が見られ、スマート且つ効率性を重視した営業方法が主流となりましたが、不動産業界においては未だに押しの強い旧来の営業スタンスが根強く残っているのです。そのため業績が上がらないという問題に対して「気合いが足りない」などといった根性論を突きつける上司も多く見られます。こういった人間関係も不動産業界で働く営業マンが抱えるストレスに影響しています。

page-top